ブログランキングに参加中!コツコツがんばりま〜す(^o^)

むぎ愛用『ロングリード』使い方で骨折の危険も!?

ペット用品・グッズ

今回のむぎ愛用の『ロングリード』をご紹介!!

うちの自宅には広い庭がないため、
かけっこ好きなむぎにも思いっきり走らせてあげたな、
と思ったのが購入のキッカケでした。

人間が普通のリードで一緒に走るにも、
むぎが速すぎて人間は一瞬でヘトヘト状態。

むぎはまだ走りたりない様子。

ロングリードを上手に使えるようになって、
むぎも思いっきりダッシュで走れるようになりましたよ!

また、「待て」「行って来い」などの「しつけ」にも最適です(^^)

『ロングリード』ってどんなもの?

ロングリードとは散歩用にリードと違い、
数メートルまで伸びる長いリードのこと。

5m〜10mまで伸びるものがあります。

伸縮リードのようなものから、
巻き取り式、普通のヒモ状のものまで種類は様々。

用途や犬種の体重などによっても選ぶポイントが変わってきます。

ワンちゃんの大きさによって、
大きなワンちゃんには金具の強度が足りなくて切れて外れてしまう危険があったり、
小さいワンちゃんには金具が重すぎて気持ちよく走れなかったりもします。

体重に合ったリードを選びましょうね(^^)

むぎ、『ロングリード』で芝生をダッシュ!!

ひろ〜い公園の芝生。

人が居ないところでロングリードでかけっこしたよ!

『ロングリード』のここに注意してね!

ロングリードは間違った使い方には注意が必要です。

ワンちゃんにも大怪我を追わせてしまう可能性もありますからね!!

そもそもロングリード使用禁止の公園もあるので注意です。

まずは、伸びる範囲に他の人や子供がいないことを確認すること。

他人の足に引っかかってしまうと大変です。

また、ダッシュで興奮したワンちゃんが他人に飛びかかる可能性も。

10mほどあるリードだと、
飼い主が駆けつけるにも間に合わなくて
大迷惑をかけてしまう可能性があります。

そして、大事なワンちゃん自体にも怪我をさせないように注意が必要です。

長いリードが足に絡まり、そのままダッシュした勢いで、
ワンちゃんが足を骨折する危険性があります。

ワンちゃんの走るスピードや勢いはものすごいですからね。

そうならないためにも、
ロングリードの使用中は、
前後左右に駆け回るというよりも、
行ったり来たりと一直線を走り切るようなイメージで使うことをおすすめします。